設備・仕様

  • 設備・仕様
  • 安心・安全
  • 構造
STRUCTURE 妥協なく厳しく、入念に。構造部にも確かなクオリティを。
かぶり厚 「かぶり厚」とは、鉄筋を覆うコンクリートの厚みのこと。コンクリートの中性化による鉄筋の劣化防止、建物の耐久性アップを図るため、この「かぶり厚」を十分に確保しています。
安全な基礎構造 当建設地の地盤調査を行い、地下約14mに堅固な支持地盤の存在を特定。その上に約14mのコンクリート杭を施工することで強固な基礎を造り、建物を足下からしっかりと支えます。
外壁二重壁構造 居室内の断熱性・遮音性を高めるため「二重壁構造」を採用。外側に面したコンクリート壁の居室内側に下図の様な断熱材、空気層を設けました。 
二重床 フロアとスラブの間に空気層を設ける二重床構造を採用。上下階住戸間の遮音性を高めた住まいが実現。さらに、この空気層によって将来のスムーズなメンテナンスも可能。
高いコンクリートの設計基準強度 1㎡でおよそ2,700〜3,600トンの圧力に耐えられる強度、27〜36ニュートン(N/m㎡)以上のコンクリート強度を、設計基準強度としています。
細部にまで配慮された、万全の検査体制
鉄筋圧接部検査 コンクリート検査
住まいの安心をしっかり保証
住宅瑕疵担保責任保険に加入予定です。 『アフターサービス』無料点検の実施。

グランフォーレ箱崎プレミア

pagetop